• トップへ

イアン・マッケランとご飯を食べる妄想短編小説です

カテゴリー:イアン・マッケラン
 母の友人である彼は、わたしが子供の頃から面倒を見てくれていました。元々、母とは仕事上の付き合いだったそうです。女手ひとつでわたしを育てていた母にとって、いつも自宅の書斎で仕事をしている小説家の彼は、幼い子供を安心して預けられる相手だったのでしょう。はっきりと物心がつくまで、わたしは彼を自分の父だと思っていたくらいです。
 彼は仕事の合間にわたしを膝に乗せ、絵本や児童文学、図鑑など、いろんな種類の本を読み聞かせてくれました。わたしが大きくなり膝に座れなくなるころには、彼がどんな仕事をしているか、だいたいわかってきていました。わたしは仕事の邪魔をしないよう、机の傍らに座って静かに読書するようになりました。書斎には読みきれないほどの本があり、まったく飽きることはありませんでした。学校へ行きたくないときは、母に内緒で家へ上がらせてもらっていました。勉強だけはきちんとしないと大人になってから困るよ、今はわからないかもしれないけれど、わかってからではちょっと遅いかもしれないしね、と諭され、ぶうぶう言いながら宿題をやっていたことも、よく覚えています。
 数年前、母は不慮の事故で亡くなりました。大学へ進学する直前の出来事です。彼は、ひとりぼっちになってしまったわたしを心配し、ひんぱんに食事や散歩へ誘ってくれました。またあるときは、恋人を紹介してもくれました。ちょっと照れくさそうに、けれど、すぐに打ち解けられるよう、わたしのことも恋人のことも気づかいつつ。

 珍しく天気も良いし散歩しようかと連絡が入り、いつものように家まで迎えに行きます。彼は薄いピンクのシャツの上からグレーのカーディガンを羽織り、黒いグログランリボンが巻かれたベージュのハットをかぶって出てきました。細身で濃い色のジーンズを履いていて、足首にちらっと見える靴下は、鮮やかな赤い色。ベージュのストライプ柄ストールをふんわり巻いています。と、よく見たら、ストライプではなく、ツタに小さなお花が咲いている柄でした。
 湖のある広い公園が、わたしたちのお気に入りです。観光客が行列を作る小さな博物館の前をするりと抜け、通りを渡って小道へと入ります。彼はいつも博物館の前を通るとき、ハットを少しかたむけて顔を隠すのです。
 頬をなでる風も心地良く、わたしたちは喧騒を離れて歩いていきます。最近読んだ本についての感想を言うと、彼はふんふんと聞きながら、それはちょっと違うと思うよ、と答えます。でも、少しわかりにくい本だから、同じ作家が何年か前に出版したあの本を先に読むと、わかりやすくなるかもしれないね。そのあとで、もう一度読み返してごらん。

 公園を後にし、わたしたちは街角にあるこぢんまりとしたオープンカフェへと向かいました。通りには本屋があり、つい先日出版された彼の新刊が、ずらりと並べられています。大きなポスターも貼られており、彼はまたハットを少しかたむけて、顔を隠すのでした。わたしは、彼が出版した小説をすべて読んだこと、新刊もすでに読み終わっていることを、秘密にしています。きっと、恥ずかしがるんじゃないかな、って。
 紅茶を先に頼み、何を食べようねえ、とふたりでメニューを見ています。彼は老眼鏡を少しずらして、まるで字が読みづらいことを楽しんでいるかのように、ニコニコしています。わたしはスモークサーモンとオリーブのサンドウィッチを、彼は肉が入っていないことを店員に確認してから、トマトとレタス、ポテトサラダが挟まれたサンドウィッチを注文しました。
 とてもお腹が空いていたわたしは、運ばれてきたサンドウィッチを何も考えず手でつかんで食べ始めます。ふと気づくと、彼はナイフとフォークできれいに切り分けていました。わたしの様子に気づいた彼は、マナーのなってない子だねえ、という空気を含みつつも見下すことのない目でわたしを見て、少し笑います。そして、手にしていたナイフとフォークをテーブルに置き、わたしと同じように手でサンドウィッチを口に運びました。彼にとってわたしは、もしかしたら、まだ幼い少女のままなのかもしれません。
 そのとき、彼のスマートフォンが鳴りました。ちょっと失礼、というジェスチャーをしたあと、ナプキンで指の先を拭き、スマートフォンを手に取ります。そして、わたしには見せないような、くったくのない笑顔で何かを話していました。通話を終えた彼が、なんだか嬉しそうに言います。

「パトリックが近くにいるそうだから、あとで合流しようかね」

JUGEMテーマ:映画
  • トップへ

おじいちゃん身長早見表作ったよ

カテゴリー:雑記


うえ、ひだりから

  • クリストファー・リー
  • マックス・フォン・シドー
  • ドナルド・サザーランド
  • クリント・イーストウッド
  • モーガン・フリーマン
  • ジム・ブロードベント
  • マイケル・ケイン
  • ショーン・コネリー
  • トミー・リー・ジョーンズ
  • クリストファー・ウォーケン
  • テレンス・スタンプ
  • イアン・マッケラン
  • ジェームズ・ホン
  • ジャック・ニコルソン
  • クリス・クーパー
  • パトリック・スチュワート
  • アンソニー・ホプキンス
  • ロバート・デ・ニーロ
  • シルベスター・マッコイ
  • マーティン・スコセッシ

スコセッシちいちゃいかわいい。


  • トップへ

リー様のトレーラーふたつ

リー様ショックから未だ立ち直れていません。こちら両方とも、遺作と紹介されていました。



ANGELS IN NOTTING HILL
imdbのステータスはcompleted。なので公開はまだ先と思われます。天使がなんか大変らしい。みたいな。話がよくわからないですね。リー様は神様役です。うう。トレーラーのラスト、声が出た。涙も出た。うう……。

Extraordinary Tales Official Trailer from Film Fund Luxembourg on Vimeo.


Extraordinary Tales
エドガー・アラン・ポー原作のアニメ、5本。どう見てもヴィンセント・プライスのキャラが!
声優は、リー様、ロジャー・コーマン、ギレルモ・デル・トロ、ベラ・ルゴシ(フッテージ)と豪華。あと、ジュリアン・サンズ。彼が出ている映画は『アラクノフォビア』『ボクシング・ヘレナ』『リービング・ラスベガス』『ドラゴン・タトゥーの女』しか見ていないですね。
こっちはソフト欲しいなあ。公開はしなさそう。

JUGEMテーマ:映画


  • トップへ

アンソニー・ホプキンスが2006年に出たCM動画を見つけたのですが、



早口で、ちょっと何の話をしているのかわかんないです……。銀行のCMですかね。
コメントの一番上、最後何を言ってるかわからないって書いている人いますね。
しかし、アンソニー・ホプキンスのおでこにちゅー、わたしもしたいですよ
したいですよ
そしてちゃんとシートベルトしててかわいいですよ
おじいちゃんはなにをやってもかわいいからいいなあ


  • トップへ

おじいちゃんは心が強いよ!『ハイネケン 誘拐の代償』/アンソニー・ホプキンス

丸の内TOEI スクリーン2 I列15で鑑賞。もう少し前でもいいかな。
お話は、誘拐犯5人組のほうがメインでホプキンスは脇役ってかんじですね。

本編では映像が暗いのと動きが速くてあまりよくわからなかった誘拐の瞬間。

おじいちゃんは心が強いよ!『ハイネケン 誘拐の代償』/アンソニー・ホプキンス
なになに? なんか騒がしい?

おじいちゃんは心が強いよ!『ハイネケン 誘拐の代償』/アンソニー・ホプキンス
わーやめてー


殴られたりしたら嫌だな〜って思っていたんですよ、おじいちゃんが痛い目とか酷い目に遭うの、見ていてつらいからね! そうしたら、誘拐されて来た瞬間から「あれとこれ欲しいのじゃ、あと出来れば電話かけさせて欲しいのじゃ」と余裕かましてて、犯人、予想外。予想外すぎて戸惑いを隠し切れない。そりゃそうです。
ハムサンドもいいけど、中華料理もいいのじゃよ、というわけでエビチリよろしくね」とか言っちゃって、しかも犯人すなおにそれに従っちゃって。

おじいちゃんは心が強いよ!『ハイネケン 誘拐の代償』/アンソニー・ホプキンス
本ももらえました。

これたぶん、たぶんだけどさ、下手に暴れたり抵抗しても無駄というのがわかっていたからじゃないかなーと、誘拐には目的があるし、身代金目的というのもだいたいすぐ想像できるだろうと、そしたらへんに刺激しすぎず、ちょっと余裕見せておいたほうが、自分の身が危なくないと思ったんじゃないかな〜。


これは、犯人が、マスコミに流すために人質が新聞持ってる写真を撮ろうとしたとき、「髪の毛とかしたいからブラシちょうだい」って言っちゃったら、犯人「……だめだまったくおびえていない……」ってなって、ホプキンスの髪の毛をぐしゃぐしゃ! ってするんですね、ホプキンスがビックリしたところを激写、という流れ。さすがに言い過ぎたよおじいちゃん。

おじいちゃんは心が強いよ!『ハイネケン 誘拐の代償』/アンソニー・ホプキンス
あれ、このショットは本編にはないかな? 


最後まで、一緒に誘拐された運転手の心配してるホプキンス。殺されるなら自分より運転手が先だから、って。警察が乗り込んできたときも、「わしは元気じゃ、それより運転手!」って。

ホプキンスが犯人に「リッチになるには2つある、大金を持つか、大勢の友人を持つかだ、両方はむり。」て言うのね。これもさ、ほんとにそう、思っていて言ったことなのだったら、ホプキンス、というかハイネケンは、後者は手に入れられない人生だったのかな、って思うよね。

ハイネケンの人となりについては誘拐前、解放後、両方とも描写されないのね。誘拐されている間のことしかわかんない。誘拐されているあいだも、自分と運転手の身を守るために「演技」していたのかもしれないし、わからないんだなー。

「ハイネケン 誘拐の代償」アンソニー・ホプキンスのおじいちゃんポイント
  • 食えない度:星星星星星
  • 動かない度:星星星星星
  • ねぐせ度:星星星星
photo
誘拐 狙われたハイネケン [DVD]
アメイジングD.C. 2012-12-04

by G-Tools , 2015/06/16

JUGEMテーマ:映画

ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録よろしくお願いします。


映画感想*FRAGILE
記事検索

現在92件の記事があります。

最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

映画と人形が好き。一番好きなおじいちゃんはショーン・コネリー。Twitter→ @minowa

おすすめ映画
リンク
無料ブログ作成サービス JUGEM

このページのトップへ▲