• トップへ

つらいつらいよおじいちゃん!『手紙は憶えている』/クリストファー・プラマー

つらいつらいよおじいちゃん!『手紙は憶えている』/クリストファー・プラマー
マスコミ試写で鑑賞。邦題がイマイチかなーと思っていましたが、見終わってみると、これが内容にあっていて良かったです。ユダヤ人のおじいちゃんが、自分の家族を殺したナチスを探しだして復讐するお話です。

これね、あらすじと、チラシのキャッチコピーから、オチわかっちゃうんですよ。映画見る前「まさか◯◯ではないだろうなあ」と思っていたそのままのオチ。なんだけど、重要なところはそこじゃないと思うので。相変わらずですがオチバレしています。もしかしたらオチバレしている方が楽しめるかもしれない。後述します。

つらいつらいよおじいちゃん!『手紙は憶えている』/クリストファー・プラマー
えっとね、あらすじとかからわからない重要なところひとつは、認知症なんですよ。かなり重度の。ベッドで亡くなった奥さんの名前を呼びながら目を覚ますっていうところから始まるんだけれど、老人ホームなの。そこでもう、うわつらい。ですよ。このつらさは『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件簿』に近いかも。わかんなくなっちゃうから、腕にメモする。お風呂はいる、消えちゃう。

話は前後しますが、最初に、マーティン・ランドーおじいちゃんから手紙を渡されるのね。これのとおりに行動しろ、復讐しろって。クリストファー・プラマーは目を覚ますたび、記憶を失っていて、混乱しているの。だから、手紙の最初には「お前の妻は死んだ。お前は認知症だ」って書いてあるくらいなのよ。そんなおじいちゃんが、銃を買ってターゲットをひとりずつ追い詰めていく……めっちゃハラハラします。サスペンスフルな音楽と演出もあいまって、こちらの不安をかきたててくるんですよね。銃を持ったままカナダに入ろうとする。なんとかバレない。モールで服を買おうとするが、たくさんありすぎてわけわからなくなっちゃう。あることがあって入院するんだけど、なんで入院してるのかわかってないふうで、笑ってる。ここは本当つらかった。おじいちゃんのつらさが凝縮されていた。

ちょいちょい、マーティン・ランドーが電話してきて、状況を確認する。おじいちゃん同士がお電話するのです。かわいいのだが、行われていることは深刻なので、話が進んで欲しいような欲しくないような気持ちになりますね。追われているのもおじいちゃんなわけで、次から次へとおじいちゃんが出てきて、みんな調子悪くて見ていてつらい。

で、オチですが、『イギリスから来た男』『鑑定士と顔のない依頼人』系です。これ、ほんと、すぐわかっちゃうので、何も知らずに見て、なーんだ、ってなる人もいるかもしんない。そう思うと、オチ知ってたほうが楽しめるかもしれないって思いましたね。

『手紙は憶えている』クリストファー・プラマーのおじいちゃんポイント
  • つらい度:星星星星星星

JUGEMテーマ:映画

ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

コメント
コメントする

※記事の内容に関係のないコメントは削除する場合があります。
※JUGEMの仕様により、無記名コメントは投稿できなくなっています。


    
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック

映画感想*FRAGILE
記事検索

現在92件の記事があります。

最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

映画と人形が好き。一番好きなおじいちゃんはショーン・コネリー。Twitter→ @minowa

おすすめ映画
リンク
無料ブログ作成サービス JUGEM

このページのトップへ▲