• トップへ

おじいちゃんがロボットといっしょに泥棒します。「素敵な相棒 フランクじいさんとロボットヘルパー」/フランク・ランジェラ

フランク・ランジェラは「アンノウン」で見ているはずなのですが、わたし、知らない俳優さん扱いしてました。認識できてなかったってことは知らないのと同じですね。あと「アンノウン」はリーアム・ニーソンが困る様子を楽しむ映画なので仕方ないです。

おじいちゃんがロボットといっしょに泥棒します。「素敵な相棒 フランクじいさんとロボットヘルパー」/フランク・ランジェラ
なんかね、わたしはもっと皺の多いおじいちゃんのほうが好きなようです。フランク・ランジェラはつるりとしておる。ものたりぬ。でも、193cmの長身おじいちゃんというところがいいですね。大きくても小さくてもおじいちゃんはいいものですが。やっぱどこかひとつ個性的なところあるといいよね。

おじいちゃんがロボットといっしょに泥棒します。「素敵な相棒 フランクじいさんとロボットヘルパー」/フランク・ランジェラ

お話は、じゃっかん痴呆のはいった元泥棒のおじいちゃんのところへ、ヘルパーとしてロボットが来て、なんやかやあったあと一緒に泥棒をはたらく、という内容となっております。

フランク・ランジェラは、ひとを見つめるときに黒目が左右に細かくチラチラ動くんですね、あの動きをわざとやるのはなかなか難しいので、演技ではないと思うんだけど、ちょびっと不安な気持ちになるんですよ。とくに、とつぜん昔の話をし始めたりするシーンでそうなっていると、ああ、痴呆なんだ…ってせつなくなる。


おじいちゃんがロボットといっしょに泥棒します。「素敵な相棒 フランクじいさんとロボットヘルパー」/フランク・ランジェラ

ロボットにピッキングを教えたりするところからの一連の泥棒関連シーンは、なんだかうきうきしているようすがたいへんかわいらしかったです、が、やはりちょいちょい痴呆が見え隠れするのでせつなくなる。もうちょっとだけそこのバランスが良かったらなとは、思いました。

あとはですね、まーロボットがかわいい。久しぶりに中に人間が入っているロボットを見ましたねー。あと、司書ロボットね、ただの金属の箱がほんの少し動くだけでかわいいってすごい。ロボットどうしのあいさつシーンたまらんです。両方とも、顔(表情)がないのがいいですね。


ネタバレになりますが、ラスト、ロボットの処理はとても良かったとおもいます。次の仕事をやったら、ほんとにフランクがだめになる、と、ロボットは判断したんだよね。だから嘘ついたんだ。おじいちゃんのことを想って。家族よりもおじいちゃんのこと想ってるんじゃないですか?

おじいちゃんも、自分がスーザン・サランドンのことを認識できなかったと気づいたじてんで、あきらめたのだなと思いましたね。これ悲しい話じゃないですか…。やはりおじいちゃんが出てくる映画で、痴呆があつかわれると、どうも切なくなるほうへひっぱられます。しかたないことです。

「素敵な相棒 フランクじいさんとロボットヘルパー」フランク・ランジェラのおじいちゃんポイント
  • がんこ度 :星星星星星
  • やんちゃ度:星星星星
  • せつない度:星星星星星
JUGEMテーマ:映画の感想

ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

コメント
コメントする

※記事の内容に関係のないコメントは削除する場合があります。
※JUGEMの仕様により、無記名コメントは投稿できなくなっています。


    
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
アップサイドダウン 重力の恋人Upside Down/監督:フアン・ソラナス/2012年/カナダ、フランス 障害があるほどに、恋は燃え上がる。 角川シネマ有楽町で鑑賞。ネット予約だと席がブロックでしか指定できないので、そんなに混む映画館でもないし、直接劇場でチケッ
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2013/09/12 11:52 AM

映画感想*FRAGILE
記事検索

現在92件の記事があります。

最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

映画と人形が好き。一番好きなおじいちゃんはショーン・コネリー。Twitter→ @minowa

おすすめ映画
リンク
無料ブログ作成サービス JUGEM

このページのトップへ▲